コラム

TAKAです。0泊3日という強行スケジュールでしたがJOYC東北参加させていただきました。車移動で夜中3時に出て、朝7時について、翌朝4時までの打ち上げ参加という楽しい時間でした。腰が痛くなってもう若くないなぁと思いつつ、そんなことばっかりやってきた20年間でもあるなぁと思いました。 JOYC東北が無事に終了しました。参加してくれたプレイヤー、観客のみなさん、ありがとうございました。第1回という白いキャンパスに色を付けていくという作業は前例があってこれくらい参加者がいそう、こういう流れならこのパターンという作業化された部分がなく、各地区大会ごとに毎回新鮮な気持ちで運営させていただいています。また地区大会ごとに現地のメインスタッフとなる方たちに運営のメインをお任せしているので運営スタイルの違いを見ることができるのも勉強になります。 今回は三上さんを中心にした403YOYOCLUBの皆さんたちに運営をお願いしていました。第一回目というのもありますが各地区ごとに運営スタイルが少しづつ異なっていたり、打ち上げのスタイルもそれぞれです。 地区大会、そしてファイナルという流れを作るにあたって地区ごとに違う”お祭り”にしていきたいという思いもあり地区の裁量が多い(受け入れ地元スタッフの方の負担もその分多くなっていますが)運営になっています。 今日はJOYCの目指すところとそれを行うためにいままでにないいくつかの取り組みをしているのでその説明をしたいと思います。 ...