Author: KengoKido

ヨーヨーリクリエーションの物販の目玉は新作のバイメタルヨーヨー、ドラウプニルと対をなすラウンドシェイプのリム、パワフルな重量感。バイメタルのもう一つの完成系を発表します。 アパレルの新商品もかっこよく仕上がりましたし、屋音裏ワークスさんは定番のアーマーホルダーをたくさん新色を仕上げてくれました。 これまでの商品も会場限定でお安くなっているものが多いです。 それと12000円/8000円/3000円で炎上しそうなくらい豪華ではずれのないくじをブースで常時開催しています、なくなり次第終了です。 是非足を運んでください!...

たくさんのエントリーありがとうございます! 現時点でのエントリーリストはこちらですお申込みをされた方はご確認ください。 エントリーがまだの方はこちらからどうぞ。...

10月15日に行われる北海道地区大会のエントリー、打ち上げ申し込みですが。施設の利用スケジュールの関係上、9/28(水)を参加締め切りとさせて頂きます。スケジュールに余裕がある場合には施設側の判断でエントリー期間を延長する場合がありますが参加予定の方は9/28(水)0:00までにエントリーをお願い致します。 こちらからどうぞ 待望のアフターパーティーがビール園でのジンギスカンになりました!ぜひぜひお申込みを!(Taka)...

お待たせ致しました。 東北、関東地区大会のエントリーが開始致しました。 複数地区のエントリーも可能ですし、2地区目移行はエントリー料金が割引となります。 参加の方は下記よりエントリーをお願い致します。...

開催の日程が確定した地区のお知らせです。 地区大会は予選なし2分のフリースタイルになります、競技ルールやエントリーについての詳細は追って公開となりますが、参加を選手の皆様は準備を始めていただければと思います。 複数の地区大会へのエントリー可となっておりますので、皆様ふるってご参加ください。...

このたび日本が2018年ヨーヨー世界大会開催地に正式に立候補いたしました。 先日の挨拶でも触れましたが、すでに2018年の世界大会はアジアでの開催が決定していました。 日本はジャパンオープンチャンピオンシップ(JOYC)による開催地立候補となりました。 JOYC主催の鈴木裕之、城戸健吾の2人に長谷川貴彦氏を加えた3人によって日本に世界大会を誘致いたします。 今年の2015年世界大会はまさに日本でしかできない規模、盛り上がりを見せた大会となり大成功に終わりました。 そして3年後、ヨーヨー大国日本で再び世界大会が開かれるチャンスが訪れようとしています。 日本ヨーヨー界のエンジンともいえる3人が手を組むことで、さらに大規模かつエキサイティングな世界大会を実現できると確信しています。 2018年世界大会開催地決定のニュースには要注目です。...