JOYC2017 ジャッジ紹介

JOYC2017 ジャッジ紹介

higashi

東 泰一郎 (Taiichiro Higashi)

 

全国大会、アジア大会、世界大会とジャッジを勤め、審査するフリースタイルはジャッジの中でも最多。JOYCのヘッドジャッジ。

takeuchi

竹内 尚也 (Naoya Takeuchi)

 

選手、ジャッジとして5Aを牽引する実力者。アイスランドで今年開かれた世界大会にて準優勝を納めた。

morioka

森岡 孝郎 (Takao Morioka)

 

選手、ジャッジと活動する一方でDJにも力を入れており、自信で立ち上げたイベント「ホッピンフレッシュ」のオーガナイズもこなしている。

kagawa

加川 洋平 (Yohei Kagawa)

安定した演技が魅力の4Aプレイヤー。近年はジャッジの勉強やトリックの解析、若手プレイヤーの教育にも力を入れている

yamada

山田 淳史(Atsushi Yamada)

北海道を拠点にヨーヨーおいて幅広い分野で活躍している。2017JOYCのスポンサーでもあるJAPAN TECHNOLOGYのオーナーでもある。

tera

寺田 将大(Masahiro Terada)

近年急成長中の1Aプレイヤー。身体や腕周りを使った複雑な構造のトリックが特徴の彼だが、今回はSS部門決勝のジャッジとして急遽参戦。