2018年世界大会主催に立候補しました

このたび日本が2018年ヨーヨー世界大会開催地に正式に立候補いたしました。
先日の挨拶でも触れましたが、すでに2018年の世界大会はアジアでの開催が決定していました。

日本はジャパンオープンチャンピオンシップ(JOYC)による開催地立候補となりました。
JOYC主催の鈴木裕之、城戸健吾の2人に長谷川貴彦氏を加えた3人によって日本に世界大会を誘致いたします。
今年の2015年世界大会はまさに日本でしかできない規模、盛り上がりを見せた大会となり大成功に終わりました。
そして3年後、ヨーヨー大国日本で再び世界大会が開かれるチャンスが訪れようとしています。
日本ヨーヨー界のエンジンともいえる3人が手を組むことで、さらに大規模かつエキサイティングな世界大会を実現できると確信しています。
2018年世界大会開催地決定のニュースには要注目です。